PR

「車検切れでも大丈夫!」プロが明かす、ベストな車売却の秘訣

高く売る
くるみん
くるみん

先月、車検が切れちゃってさ。乗らないから廃車にしようと思ってるんだけど。

まるく
まるく

それはもったいないよ!車検切れの車は公道を走れないからといって、その価値がないわけではないんだ。

くるみん
くるみん

でも、車検切れの車って、どうやって売るの?難しそう…

まるく
まるく

大丈夫!この記事で、車検切れの車を売るときのコツや注意点を、わかりやすく説明しているよ。最後まで読んで、しっかりと理解してね!

車検が切れてしまったけれど、その車を売りたいとお考えの方、多いですよね。でも、車検が切れたからといって、その車が価値を失ったわけではありません。この記事でお伝えするのは、車検切れでも確実に車を売るためのステップです。買取店への持ち込みから出張査定、信頼できる業者の見つけ方まで、具体的な方法を網羅しています。

この記事を読んでわかること
  • 車検が切れた状態のリスク
  • 車検切れの車の価値
  • 車検切れの車はどこで売ればいいのか
  • いい業者の見つけ方

是非、最後までご一読いただき、お車の売却を成功させましょう。

車検切れの車を売る前に知っておきたい基本情報

車検切れの車とは?

車検とは、自動車の安全性や排ガス規制などの基準を満たしているかを定期的に確認する制度のことを指します。日本においては、新車を購入してから最初の3年後、そしてその後は2年ごとに車検を受ける必要があります。

「車検切れ」とは、この車検の有効期限が過ぎた状態を指します。具体的には以下の点が該当します。

  • 公道の走行が違法: 車検が切れている状態での公道の運転は道路交通法違反となり、摘発されると罰金や点数の取り消しの対象となります。
  • 自賠責保険の失効: 車検が切れると、自動的に自賠責保険も失効します。これにより事故を起こした際の賠償責任が全額自己負担となるリスクが発生します。
  • 車検の期間: 一度切れてしまった車検を再度通すためには、通常の車検よりも詳細な点検や修理が必要となる場合があり、それに伴いコストが増加することも考えられます。

車検切れの状態では様々なリスクが伴いますが、それに対する正しい知識と対策を持つことで、安全に車を使用することができます。次のセクションでは、車検切れの車を売る際の具体的な手順や注意点について解説していきます。

車検切れの車の価値は?

車を売る際、多くの人はその車の価値や売却価格に関心を持つでしょう。特に、車検が切れている車の場合、どの程度の価格が期待できるのか、不安や疑問を持つ方も少なくありません。ここでは、車検切れの車の価値について詳しく解説します。

  • 車検期間と査定価格の関係: 一般的に、車検の残存期間が長いほど車の査定価格は高くなる傾向があります。逆に、車検が切れている車は、再度車検を通すための費用や手間を考慮すると、査定価格が低下することが一般的です。
  • 車の状態が最も重要: 車検の有無に関わらず、車の状態は査定価格に最も影響を与える要因です。エンジンの状態、ボディの傷や凹み、内装の汚れや損傷、走行距離などが主な査定ポイントとなります。
  • 再度の車検通過の可能性: 車検が切れているが、それ以前の車検から大きな故障や事故を起こしていない車は、再度の車検通過の可能性が高いと判断され、それが査定価格にプラスとなる場合もあります。
  • 市場の需要: 車のブランドやモデル、年式によっても需要が異なります。例えば、人気の高いモデルや希少な車であれば、車検が切れていても高価で売却することが可能です。

車検切れの車を売る際は、まずは複数の買取業者から査定を受けることをおすすめします。それにより、適正な価格での売却が期待できます。次のセクションでは、車検切れの車の売却方法や注意点について詳しく解説していきます。

車検切れの車の売却方法

買取店やディーラーに直接持ち込む

車検切れの車の売却を考える際、一つの方法として直接買取店やディーラーへ車を持ち込む方法があります。しかし、その際には以下の点に注意が必要です。

  • 事前の連絡: 車検切れの車を持ち込む場合、予め買取店やディーラーに連絡をして、車検状態を伝えることが重要です。突然持ち込んだ場合、査定を受けられない可能性も考えられます。
  • 移動の方法: 車検切れの状態では公道を走行することが違法です。そのため、移動の際にはレッカー車を使用するか、一時的に車検を通す必要があります。また、近隣の買取店やディーラーを選択することで、移動の際のコストを抑えることも可能です。
  • 査定のポイント: 車検が切れている車でも、車の状態や年式、走行距離などは査定価格に大きく影響します。特に、車検を新たに通すための修理が必要な場合や部品の交換が必要な場合は、それが査定価格から差し引かれることが考えられます。
  • ディーラーとの取引: 一部のディーラーでは、新しい車を購入する際の下取りとして車検切れの車を受け取ってくれる場合があります。しかし、その際の査定価格は一般的に低めに設定されることが多いため、高価格を期待する場合は複数の業者からの査定を受けることをおすすめします。

車検切れの車を売る際は、直接買取店やディーラーに持ち込む方法も選択肢の一つとして考えられますが、上記の注意点を考慮しながら、最も適切な方法を選択することが重要です。

出張査定を利用する

車検が切れている車の売却方法として、出張査定を利用するのも良い選択肢の一つです。この方法は、査定士が自宅や指定の場所まで来て車を直接査定してくれるサービスを指します。以下は、出張査定を利用する際のポイントやメリット、デメリットについての詳細です。

  • 利用のメリット:
    • 公道走行の心配がない: 車検切れの車は公道を走行することができませんが、出張査定を利用すれば、車を動かすことなく査定を受けることができます。
    • 時間節約: 車を持ち込む場合の移動時間や待ち時間を考慮すると、出張査定は時間を節約できるメリットがあります。
    • 複数業者の比較: 短時間で複数の業者に査定を依頼し、最も良い条件を提供してくれる業者を選択することが可能です。
  • 利用のデメリット:
    • 一度の査定での交渉が大切: 出張査定の場合、査定士との直接の交渉が大切となります。十分な準備や情報収集をしておくことが重要です。
    • プライバシーの懸念: 自宅や指定の場所に査定士が訪れるため、プライバシーを気にする方は少し抵抗感を感じるかもしれません。
  • 利用の際の注意点:
    • 信頼性のある業者選び: 出張査定を依頼する業者は、信頼性や評価が高いところを選択することをおすすめします。
    • 事前に車のクリーニング: 車の外見や内装の清潔感は査定価格に影響するため、事前に簡単なクリーニングを行うと良いでしょう。

出張査定は、特に車検切れの車の売却を考えている場合には、非常に便利な方法と言えるでしょう。上記のポイントを参考にして、最も適切な売却方法を選びましょう。

車検切れの車を売る際の注意点

公道を走行しないこと

検が切れている車は日本の法律で公道を走行することが禁止されています。公道を走行する車は適切な安全基準を満たしている必要があり、車検がその基準を確認する重要な手段となっています。以下は、車検切れの車を公道で運転しない理由やその際のリスクについての詳細です。

  • 違法行為である: 車検が切れた車を公道で運転することは、道路運送車両法に違反する違法行為となります。違反者は罰金や拘留の対象となる可能性があります。
  • 保険が適用されない: 交通事故に遭遇した場合、車検が切れている車は任意保険や自賠責保険の適用を受けられないことが多いです。これにより、被害者への賠償責任が全額運転者の負担となる恐れがあります。
  • 安全基準未満のリスク: 車検を受けることで車の安全性を確認するため、車検が切れている車は安全基準を満たしていない可能性が高いです。そのため、事故のリスクが増加します。
  • 再度の車検の際の問題: 車検切れの状態で公道を走行したことが発覚すると、再度の車検を受ける際にも問題が生じる可能性があります。

車検が切れた車を公道で運転することのリスクは非常に高いため、絶対に避けるべきです。安全、法律、経済的リスクを考慮して、車検の有効期限を常に確認し、適切な手続きを行うよう心がけましょう。

車検を新たに通さなくても良い場合も

車を売却する場面で、必ずしも車検を新たに通す必要はないことがあります。具体的には以下のようなシチュエーションや理由が考えられます。

  • 査定・売却を目的とする場合: 車検が切れている状態の車でも、買取業者はその車の査定を行います。車検の有無は査定価格に影響する可能性はありますが、新たに車検を通すコストと査定価格の差を計算し、得策を選択することが大切です。
  • 部品取りとしての売却: 車検が切れている古い車や故障している車は、そのままの状態で部品としての価値を見込んでの売却が可能です。この場合、車としての機能性よりも、各部品の価値が評価されます。
  • 廃車を予定している場合: 車を廃車する際、新たに車検を通す必要はありません。廃車専門の業者に連絡をとり、手続きを進めることができます。
  • 一時的な保管や非公道での使用: 一時的に車を使用しない、あるいは非公道(例:プライベートな敷地内)でのみ使用する場合、車検を新たに通す必要はありません。

ただし、公道上で車を運転する際は、車検を通していることが法的に義務付けられています。車検を通さない選択をする場合、その車が公道を走行することはできないことを明確に理解し、適切な処置や判断を行うことが重要です。

しっかりとした買取業者を選ぶ

車の売却を検討する際、信頼できる買取業者を選ぶことは非常に重要です。特に、車検が切れている車の場合、適切な査定を受けるためのポイントがいくつか存在します。

  • 業者の評判や実績をチェック: 買取業者を選ぶ前に、その業者の評判や過去の実績を確認することが大切です。インターネットのクチコミやレビューサイトでの評価、知人や友人の経験を参考にして選ぶと良いでしょう。
  • 車検切れの車に対応しているか確認: すべての買取業者が車検切れの車を取り扱っているわけではありません。そのため、査定を依頼する前に、業者が車検切れの車に対応しているかを確認することが必要です。
  • 複数の業者に査定を依頼: 1つの業者だけでなく、複数の業者に査定を依頼することで、より高い買取価格を得られる可能性があります。業者間の競争を利用して最も適切な査定額を目指しましょう。
  • 正確な情報提供: 車検が切れていることや車の状態など、全ての情報を正確に伝えることで、適切な査定額を得ることができます。
  • 契約前の確認: 査定後、買取業者との契約を結ぶ前に、契約内容をしっかりと確認することが重要です。特に、買取金額や引き取り時の手続き、その他の条件などを詳細に確認しましょう。

車の売却は一度きりの取引ですので、納得のいく査定価格と安心して取引できる買取業者を選ぶことが大切です。上記のポイントを参考にして、最も信頼できる業者を選びましょう。

まとめ: 車検切れでも安心して車を売却するために

本記事では、車検切れの車を売却する際の注意点やポイントを詳しく解説してきました。以下は、主なポイントのまとめです。

  1. 車検切れの車とは?: 車検が切れた状態の車は公道を走行することが法律で禁止されています。しかし、それは売却の際に価値がないという意味ではありません。
  2. 車検切れの車の価値: 車検切れの状態は査定価格に影響する可能性がありますが、それ以外の要因(車の状態や年式、人気)も価値を決める大きな要素となります。
  3. 車の売却方法: 車検が切れている状態でも、買取店やディーラーへ直接持ち込む方法や、出張査定サービスを利用する方法など、多くの売却方法が存在します。
  4. 注意すべきポイント:
    • 公道での走行は絶対に避ける。
    • ただし、全ての車が新たに車検を通す必要はなく、状況に応じた選択が大切。
    • そして何よりも、信頼できる買取業者を選ぶことが最も重要です。

売却を検討している方は、上記のポイントを押さえながら、最も適切な選択を行い、車検切れの車でも納得のいく取引を目指しましょう。

高く売る
スポンサーリンク
まるくブログ

コメント